プラットフォームアーキテクチャ概要

アクティフィオのソリューションはすべて、アクティフィオが特許を所有する仮想データパイプライン技術(VDP)をプラットフォームアーキテクチャとしています。このVDPは、グローバル分散オブジェクトファイルシステム上に構築されているもので、下記の主要な機能を備えています。

データをブロックレベルでオリジナルのフォーマットのまま取込み仮想化します。

データをSLAに基づいて、データのライフサイクルを通して管理します。

データは、即時マウント、クローン、LIVECLONE™、リストアなどの機能により常にアクセスすることが可能です。

データの重複除外

データの圧縮

データのレプリケーション

これらVDPの機能は、Actifio Desktop、Actifio Global Manager、Foresight™ RESTful API、さらにvSphere Web Client plug-inなど様々な方法で利用することができます。

アクティフィオ プラットフォームアーキテクチャ

VDPは、データを仮想化し提供します。IT管理者は、本番データのゴールデンコピーをひとつ維持することで、単一のストレージプラットフォームからVDPで仮想化したデータにアクセスし、データの保護や可用性実現などの目的に使用することができるようになります。VDPは、最初に本番データを効率的な方法で取り込み保存し、即座にアクセスできるようにします。バックアップや長期保管に向けたデータの重複除外および圧縮も可能です。IT管理者は、VDPが提供するマウント、Clone、LiveClone™またはリストアなどの機能と効率的なワークフローを使用して、本番データの任意の時点のコピーをいつでも必要なところで使用することができます。

platform_diagram-1024x492

Actifio について

ガートナーはアクティフィオをビジョナリー(先見的)と評価しています。お客様のIT支出を「億円」の単位で削減し「安心して眠れる夜」をご提供するだけでなく、ビジネスの堅牢性、俊敏性、競争力、収益性を高めます。アクティフィオのデータ仮想化から目が離せません。

お問い合わせ