障害からの回復力を高める

障害からの回復力とは、計画を策定し、障害時にも通常通りに組織運営を行えるようにシステムやリソースを準備しておくことを意味します。障害からの回復力は、不測の事態でも顧客の流出、シェアや評判の低下などの影響を受けないようにする保険のような存在です。IT部門は、システムおよびプロセスを用意し、データを保護しアクセスできるようにしておく必要があり、それらシステムは、どんな状況でもなるべく中断することなくいつでも運用可能な状態で維持されていなくてはなりません。

CIOは、障害からの回復力を高め、このような環境を実現する施策の中で下記を考慮する必要があります。

運用の継続を担保するためにはどんな計画が必要か?

計画外の事象による停止時間を削減するにはどうしたらいいのか?

データ保護に関するガバナンスと法規制準拠を向上させるにはどうしたらいいのか?

データ保護と障害からの回復力を根本から変革する

Actifio Enterpriseは、データ保護と障害からの回復力をその根本から変革します。Actifio Enterpriseは、アクティフィオのVirtual Data Pipeline技術を活用することで、インフラ、ストレージ、帯域を極めて効率的に使用することが可能であり、コスト全体を削減しながらシステム性能を大きく向上させます。

さらに、データの仮想化によって様々な使用目的に対して大量のデータをほとんど即座に提供することができます。障害からの回復力を高めていきたいと考えている企業にとっては画期的です。

Actifio Enterpriseは、SLA(データ保護ポリシー)を設定することで、可用性や保存期間など厳密な基準を満たす必要のあるデータを区別して扱うことができ、様々なデータのガバナンス要件に対応します。

最後に、これまでは数日かけて無数に存在する構成要素をひとつひとつ綿密な手作業で復旧する必要がありましたが、Actifio Enterpriseは、ワークフローやプロセス・オーケストレーションなど高度な設定が可能な機能によって障害時にもクリックひとつで復旧作業を完了することができます。

 

アクティフィオのコピーデータ仮想化によって障害からの回復力を強化

Actifio Enterpriseは、データ管理プロセスをステップごとに最適化することで極めて高い性能を実現し、高価なインフラへの負荷を大きく軽減します。そのため、企業の基幹系アプリケーションの障害からの回復力を劇的に高めることが可能になります。

RepliDiagram

障害からの回復力を高めるための主な機能

Actifio Enterpriseは、Virtual Data Pipeline技術が実現する価値に加えて、障害からの回復力を大きく向上させるための様々な機能を提供しています。

SLAS BY APPLICATION CRITICALITY

RECOVERY ORCHESTRATION

REMOTE OFFICE DATA FLOWS

LONG-TERM DATA RETENTION FOR COMPLIANCE

INSTANT MOUNT FOR RAPID RECOVERY

FAILOVER TEST

FAILOVER SYNC BACK

WAN-OPTIMIZED DATA REPLICATION

障害からの回復力向上事例


データ保護

Actifio Enterpriseは、従来のバックアップやリカバリソリューションのレガシー的な構成ではない、単一の進歩的でシンプルなデータ保護システムを提供します。アクティフィオは、他にはない独自のバックアップおよび復旧機能を提供することで、バックアップ・システムの刷新、目標復旧点(RPO)、目標復旧時間(RTO)の向上を支援し、アプリケーション・レベル、さらにはVMレベルという粒度の高さで保護を実現します。


災害対策および事業継続

事業継続および災害対策のシステムを考える時、一般の災害対策システムは頻繁にテストすることができないため、顧客企業は災害時に実際に復旧できるのか確信を持てないことが多いですが、Actifio Enterpriseは、その点で一線を画しています。アクティフィオは、常時簡単に使用できるテスト機能を備えています。テストの度にデータを増やしたり、本番環境に影響を与えることもありません。


データのガバナンスと法規制準拠

Actifio Enterpriseは、大手企業の環境で、データのガバナンスや法規制準拠を秩序立てて自動化し、データ管理のためのツールや複雑な手動操作をなくします。アクティフィオは、SLA(データ保護ポリシー)に基づきデータやワークフローを管理することで、長期保存や個人データのマスキングなど事前に定義したルールに従って適切にデータを処理できるようにします。データを際限なくコピーし続けなくても、法規制遵守やガバナンスの要件を満たすことができますので、ストレージ容量を劇的に抑え、コストを大きく削減することが可能になります。

Actifio について

ガートナーはアクティフィオをビジョナリー(先見的)と評価しています。お客様のIT支出を「億円」の単位で削減し「安心して眠れる夜」をご提供するだけでなく、ビジネスの堅牢性、俊敏性、競争力、収益性を高めます。アクティフィオのデータ仮想化から目が離せません。

お問い合わせ