企業のデータとビジネスをクラウド環境へ

主要なアナリストは、エンタープライズ企業のワークロードについて、2020年にはほぼクラウドへ移行していると予測しています。つまり、今後数年の間に企業のアプリケーションは大きく変わることになります。すでに多くの企業が、ハイブリッド・クラウド・モデルを採用し、プロバイダーのリソースを活用しながら自社の規模や機能を拡充するところから始めています。

企業がより幅広くクラウド環境を活用するようになると、様々な課題も出てきます。送受信するデータ量が増えれば、ハイブリッド・クラウド環境内で高速に効率的にデータを転送する必要性が高まることになります。

同時にクラウド環境を前提に開発されたアプリケーションには、従来のエンタープライズ企業レベルのデータ保護や障害からの回復力が必要となってきます。


アクティフィオのコピーデータ仮想化プラットフォームは、クラウドの時代に設計され、現在そして将来にわたってクラウド環境におけるデータの可搬性の課題に対応します。

  • クラウド環境で作成されたVMを保護し、パブリック、プライベート、ハイブリッド・クラウドで高度なデータ保護機能を提供します
  • アプリケーションはクラウド、エンドポイント、データセンター内のいずれにあっても、ワークロードは一元的に認証され管理されます
  • レプリケーション機能は、セキュリティ機能によって保護され、ネットワークに最適化され、効率的なデータの受け渡しを実現します。リモートのデータストアには一意のデータのみ送信することで帯域の使用を適切に制御します
  • SLA(データ保護ポリシー)に基づくデータ管理により、複数の使用目的で、また複数の拠点でデータを巧みに取り込み、受け渡すことが可能です

アクティフィオは企業のデータセンターやクラウドサービス間での柔軟なデータ移動・移行を促進します

Actifio Web Diagrams_Cloud Solutions

 

クラウド環境におけるデータ可搬性の事例


データの移動・移行

アクティフィオは、多様な分散型のインフラ環境でも企業がデータを管理し積極的に活用できるように支援します。セキュリティ機能で保護され、ネットワークに最適化されたレプリケーション機能によって、アクティフィオの顧客は、データを必要な場所に効率的に受け渡すことができます。


クラウドへのデータの遠隔保管

クティフィオは、顧客が所有するデータセンターや各拠点、プライベートクラウド、サービス・プロバイダーのクラウド、またはAmazon のようなパブリック・クラウドなど多様なインフラでデータの遠隔保管を実現します。

Actifio について

ガートナーはアクティフィオをビジョナリー(先見的)と評価しています。お客様のIT支出を「億円」の単位で削減し「安心して眠れる夜」をご提供するだけでなく、ビジネスの堅牢性、俊敏性、競争力、収益性を高めます。アクティフィオのデータ仮想化から目が離せません。

お問い合わせ