Close

Virtual Data Pipeline (VDP: 仮想データパイプライン)

Actifio の特許取得済みのソフトウェアプラットフォームは、データサイロをデータパイプラインに変え、データドリブンエンタープライズを加速します。

なぜVDPで仮想化するのですか?

Actifio VDPは、データの容量や保存場所に関わらず、エンタープライズデータの管理に革命をもたらします。 VDPは、57を超える特許取得済みの革新的な技術を活用して、すべての企業を悩ませている5兆円の問題、すなわち、「コピーデータの急増」に対処しています。

継続的な価値をITにもたらします。

Actifio VDP(仮想データパイプライン)は、クラウドかオンプレミス化にかかわらず、SAP、Oracle、SQL Server、DB2などの統合的なコピーデータ管理を実現します。

仮想データパイプライン

データドリブンになるために企業が必要とするもの、それは Actifio VDP です。

仮想データパイプライン

データドリブンになるために企業が必要とするもの、それは Actifio VDP です。

VIRTUAL DATA PIPELINE IN ACTION

データドリブン企業を加速するマルチクラウド・コピーデータ管理ソリューション。

DevOps
開発 / テストデータ管理

エンタープライズワークロードのプロビジョニングとデータリフレッシュを自動化し、既存のツール群との統合を実現することで、完全なセルフサービス化をもたらします。

Analytics
AI /機械学習/分析

豊富なAPIと自動化機能が、データサイエンティストに高速なデータ配信と柔軟なデータ活用を提供します。

Immutability
エンタープライズクラスのデータ保護

複数のクラウドを利用していたとしても、任意の時点からの大規模リカバリを行うことができます。

Security-Governance
セキュリティとコンプライアンス

オンプレミスまたはクラウド内のデータをより確実に保管、保護、管理、そして、回復するための統合プラットフォーム。

よくある質問

Virtual Data Pipeline (VDP) delivers full-stack data management — on-premises, hybrid or multi-cloud – from rich application integration, SLA-based orchestration, flexible data movement, and data immutability and security.

Yes, Actifio’s technology is backed by 57 patents and counting, and forms the basis of a highly-differentiated, enterprise-proven copy data management platform.   Over 3,500 enterprises in 38 countries are capitalizing on the unique capabilities of VDP to protect their franchise critical workloads, accelerate test and development as well as analytics and business intelligence.

When you purchase Actifio’s software, VDP is included.  From the Sky virtual appliance, to cloud marketplace offerings, to Actifio GO SaaS, all software is powered by the patented Virtual Data Pipeline (VDP) technology.  As a result, your software capabilities are universally portable, future-proofing against any potential change in infrastructure or cloud direction.

Yes, the functionality in VDP is 100% infrastructure / cloud agnostic, delivering the same enterprise capabilities for cloud-native workloads as for on-premises workloads.  For native-cloud or hybrid cloud workloads, Actifio’s software can be leveraged in a BYO fashion, or consumed from cloud marketplaces AWS, GCP, Azure, and IBM.

Actifio Virtual Data Pipeline is the underlying technology layer supporting all Actifio software.  IBM InfoSphere Virtual Data Pipeline is IBM’s unique implementation of Actifio software, available through our OEM relationship.