Close

ACTIFIO DATA DRIVEN SOLUTION

人工知能、機械学習、分析のためのデータを準備する。


概要

オンプレミス、クラウドを問わず、集約された大規模データをセルフサービス方式で手軽に利用することができます。データのセットアップと破棄も即座に行えます。

データサイエンティスト、アナリスト、データベース管理者(DBA)は、さまざまな目的で本番データのコピーを多数作成・維持します。 また、これらのデータは、そのサイズに関係なく、急速に拡大・拡散し、またそれらのデータは汚れてしまいます。

Actifio ソリューションは、データ仮想化によって異次元のスピードで利用可能なコピーデータをを提供し、データの流れ全体を管理します。これにより、オンプレミス、クラウドを問わず仮想データへの即時アクセスが実現します。

「2日間ではなく2時間で開発環境を手に入れることができるとすれば、開発者の時間とコストがどのくらい削減できるか容易に測定できます。 しかし、本当のメリットは、単に高速というだけではありません。 アプリケーションの品質を向上させながら、市場投入までの日数を短縮し、お客様を金曜日まで待たせずに明日パッチを提供できるということは、顧客満足度を向上するための重要な取り組みとなります。」

Mark Moseley – Vice President of IT

課題

旧来型のソリューションでは、進化する最新テクノロジーのニーズを満たすのに苦労しています。

Actifio がお手伝いします

Actifioは、データ利用者が、セルフサービスで自らTB超規模のデータイメージを即座にプロビジョニングできるようにすることで、分析やモデルテストなどのためのデータの準備作業の時間を劇的に短縮します。

GraphLine

その結果、インフラの管理効率が高まり、データベース管理者の負担が大幅に軽減されます。

Cost

また、これらのデータイメージは仮想コピーであり、書き換え可能なシンクローンであるため、追加のストレージを消費せず、インフラストラクチャ全体のコストを削減できます。

API

Actifio は、APIを介して統合管理ツールと統合され、テスト環境に数十ものデータベースクローンを瞬時にプロビジョニングすることができます。データアナリストとデータサイエンティストは、データモデル全体に迅速にアクセスできるようになります。

Cloud

ユーザーは、オンプレミス、パブリッククラウドを問わず、どこでも Actifioを活用しながら、これらすべてのメリットを享受できます。

当社の実績のあるソリューションと経験を認めていただきました

Actifioは、企業が競争を勝ち抜くために、真の「データ主導型企業」になるためのお手伝いをします。

よくある質問

Actifioの料金モデルは非常にシンプルで、わかりやすいものです。 管理対象のソースデータの容量に依存します。 お客様がActifioを活用して、容量10 TBのデータベースのクローンを 20個作成して開発・テストに利用する場合、もとのデータベースの容量 10 TB に対して Actifio ライセンスが必要になります。 お客様は必要な数だけクローンを作成でき、任意の時点のバックアップイメージを活用(クローン)することができます。 企業は、オンプレミス、パブリッククラウドを問わず、どこでもライセンスを利用することができます。

Actifio VDP(仮想データ・パイプライン: Virtual Data Pipeline) は、下記のActifio アプライアンスに搭載されている、特許取得済みのデータ仮想化のための基盤テクノロジーの名称です。

Actifio Skyは、Actifio VDPエンジンを実行する仮想アプライアンスであり、パブリッククラウド上のVMとして、または、VMware/Hyper-V 上のVM として稼働します。

Actifio CDS / CDXは、Actifio VDPエンジンを実行する物理アプライアンスで、クラスタ構成によって高可用性を実現しています。汎用の SAN ストレージと組み合わせて利用します。

はい。 Actifioは、Azure、AWS、Google、IBM、Oracleなど、すべての主要なパブリッククラウドプロバイダーをサポートしています。 また、主要なパブリッククラウドのマーケットプレイスからも入手可能です。

Yes, Actifio leverages native Block Change Tracking (BCT) technology to capture just the changed blocks in its incremental forever data ingestion. After the first backup, which is an Image Copy, Actifio does an incremental backup and incremental merge.

Thus, if 5% of a 10 TB production database changes, only 500 GB of data will be ingested by Actifio. When testers have to refresh, they just unmount their database clones and provision clones again in just minutes.

はい。 SLAs be set in such a way that transaction/archive logs can be copied to Actifio Sky instance every X minutes or hours in between the incremental data ingestion. For example, a user can setup incremental data ingestion every 1 hour and log copies every 15 minutes.

While provisioning virtual database clones, a user can specify any point-in-time. Actifio automatically identifies the nearest incremental point-in-time, mounts a synthetic virtual full copy instantly as of that point-in-time, and applies the transaction/archive logs to recover the database to the specified point-in-time. All of this is fully automated.

Actifio stores the database backups in native format. This ensures that after instant mount and provisioning a database clone, there is no performance overhead because of format conversion.

The other factor to consider is the storage on which the database backups are stored by Actifio.

Depending on the performance requirements, enterprises can specify the right storage tier to use with Actifio.

And lastly, Actifio also offers the flexibility to instantly mount and provision database clones over fiber channel or iSCSI or NFS depending upon the user preference.

Thus the performance can be as good as the underlying storage and the protocol the user wants to use.

はい。 This is possible with two approaches.

In the first approach, the enterprise can use Commvault/Netbackup to backup databases from the primary database instance, and Actifio can ingest data from the standby database instance or vice versa.

In the second approach where Commvault/Netbackup and Actifio are forced to protect from the same database instance, Actifio can still ingest data for Test Data Management in an incremental forever manner using Block Change Tracking (BCT) without impacting Commvault/Veritas backups. But only one product can manage the Archive/Transaction log backups.