Close
「私たちは、モバイルアプリケーションを開発することで、お客様である信用組合の新規契約を獲得を加速したいと考えています。 一定量の解約も予想されるため、Actifio の機能を活かしてモバイルアプリケーション開発スピードを早め、お客様(信用組合)のビジネス拡大に貢献します。」

JIM HORLACHER – EVP & CIO

ACTIFIO DATA DRIVEN SOLUTION

テストデータ管理によるアプリケーション開発の高速化


概要

オンプレミス、クラウドを問わず、本番データがセルフサービスで即座に利用できます。

データベース管理者(DBA)は、テスト/開発、UAT、分析、トレーニング、セキュリティパッチテストなど、さまざまな利用分野でデータベースのコピーを多数作成しています。

Actifioソフトウェアは、非常に大規模なデータベースに対して、スケーラブルなエンタープライズグレードのコピーデータ管理(CDM)ソリューションを提供します。

パブリッククラウドやオンプレミスのストレージを使用して、データベースコピーを効率的かつ安全に管理します。 インフラ管理の煩雑さから開放されることによって、データベース管理者の負担を軽減し、効率を高めながら重要なビジネス指向の業務に集中できるようにします。

「私たちの戦略は、シンプルで高速なサービスを開発者に提供することにあります。そのため、開発者は新しいソフトウェアの開発に専念することができます。 私たちは迅速性を重視し、常に新しいテクノロジーに関心を持っています。 Actifioは、データーをサービスとして提供する新たな仕組みを実現してくれました。」

Andre Lünsmann – Head of Production and Databaserchitect, Infrastructure Outsourcing

課題

これまでの方式では、現代のアジャイル企業のニーズを満たすことができません。

Actifio がお手伝いします

Actifioは、開発チームによるセルフサービスのデータアクセスを提供します。10TBを超える容量のデータベースクローンを即座にプロビジョニングすることで、アプリケーションの開発スピードを加速し、リリースサイクルを短縮します。

DevOpsPerformance

その結果、インフラの管理効率が高まり、データベース管理者の負担が大幅に軽減されます。 また、これらのデータベースクローンは書き換え可能であるため、余分なストレージを消費せず、ストレージコストの削減に役立ちます。

API

APIの API を活用して CI / CDツールを連携させれば、テスト環境に数十のデータベースクローンを同時にプロビジョニングすることができます。品質保証(QA)担当者はデータのリフレッシュとテストのサイクルを早め、ソフトウェアの品質を向上させることができます。

Security

企業にとって機密データの扱いは多くの配慮を要する部分です。Actifioは、ロールベースのアクセス制御のもとで、機密データのマスキングを自動化することにより、セキュリティレベルを高めます

Cloud

データベース管理者は、オンプレミスまたはパブリッククラウドでActifioを活用することで、これらすべてのメリットを享受できます。

当社の実績のあるソリューションと経験を認めていただきました

「私たちは、無秩序に導入したツールをマニュアルで操作する仕組みからの脱却を進めています。 Actifio は、より高い障害回復力を持ち、迅速にデータを回復できるだけでなく、高いレベルでのデータセキュリティも実現してくれました。」

James Buzek – VP of Information Assurance and Infrastructure Serviceselivery Architect, Infrastructure Outsourcing

Actifio がデータ仮想化を基軸として、いかにDevOpsを加速するかをご覧ください。

よくある質問

Actifioの料金モデルは非常にシンプルで、わかりやすいものです。 保護対象となるソースデータの容量に基づいています。 お客様がActifioを活用して、容量10 TBのデータベースのクローンを 20個作成して開発・テストに利用する場合、もとのデータベースの容量 10 TB に対して Actifio ライセンスが必要になります。 お客様は必要な数だけクローンを作成でき、任意の時点のバックアップイメージを活用(クローン)することができます。 このライセンスをプライベートクラウド、パブリッククラウド、もしくは、オンプレミスのいずれでも使用できます。

Actifio VDP(仮想データ・パイプライン: Virtual Data Pipeline) は、下記のActifio アプライアンスに搭載されている、特許取得済みのデータ仮想化のための基盤テクノロジーの名称です。

Actifio Skyは、Actifio VDPエンジンを実行する仮想アプライアンスであり、パブリッククラウド上のVMとして、または、VMware/Hyper-V 上のVM として稼働します。

Actifio CDS / CDXは、Actifio VDPエンジンを実行する物理アプライアンスで、クラスタ構成によって高可用性を実現しています。汎用の SAN ストレージと組み合わせて利用します。

はい。 Actifioは、Azure、AWS、Google、IBM、Oracleなど、すべての主要なパブリッククラウドプロバイダーをサポートしています。 一部のパブリッククラウドにおいては、マーケットプレイスからもご利用いただけます。

重要なポイントは次のとおりです。

  1. Staging Servers: High vs No Costs: SQL server 環境において、ステージング目的のサーバを必要とするか否かはアーキテクチャ上の重要なポイントです。 ステージングサーバーを必要とするソリューションにおいては、WindowsライセンスとSQLライセンスが別途必要となります。 更新量の大きい大規模データベースや多数の SQLデータベースを同時に運用する場合は、複数のステージングサーバが必要となります。 これにより、インフラコスト、SQL Server ライセンスのコストが増加し、加えて運用上負荷が増すことになります。 これを、ステージングサーバを必要としないActifioと比較してみましょう。 Actifio アプライアンスは、SQL server データベースから直接データを取り込む機能を持っており、永久ブロック差分方式で取り込んだデータベースイメージのそれぞれの世代は、一貫性を持った状態で保持されます。 この効率的なアーキテクチャにより、コストの軽減と運用の簡素化を同時に実現します。
  2. Refresh Cycles: Long vs Short Time: (a) 他社のソリューションでは、本番SQL server からステージングサーバにログを転送するアーキテクチャを採用しているものもあります。 ステージングサーバは、送られてきたログをステージング・データベースに随時反映します。任意のタイミングのスナップショットを、テスト環境用の仮想DB(クローン)の元となるポイントインタイムコピーとして利用します。 この方式では、本番環境で100万件の更新トランザクションが発生した場合、ステージングサーバでも100万件のトランザクションを処理しなくてはなりません。 トランザクションログベースのソリューションでは、大規模な変更データの反映に長時間を要するため、本番データの開発断面への反映が期待する時間内に行えない可能性があります。 (b) 永久ブロック差分方式による効率的なデータ取得を実現した Actifio は、他社とは全く違う動作をします。他社のトランザクションログベースの実装とActifio のアーキテクチャを比較してみましょう。 前出の100万件のデータ更新を行う場合、平均8KBのサイズの100万トランザクションは8GBの変更ブロックとなり、Actifioはわずか数分で8GBをコピーしてしまいます。 この方式によって、Actifio は本番SQLデータベースから アプライアンスに高速に効率よくデータを同期することを可能にしました。
  3. Low vs High Performance: 多くの企業は、ファイバーチャネル接続のストレージを導入しており、テスト/開発で利用するデータベースのクローン(仮想DB)にも、ファイバチャネルストレージを活用したいと考えています。 NFSのみに対応している他社ソリューションでは、仮想DB(クローン)にファイバーチャネルストレージの持つ高性能と安定性を活かすことはできません。 一方、Actifio は、ファイバーチャネル、NFS、iSCSIを介して仮想DB(クローン)にアクセスする機能を持ちますから、仮想DB に要求される性能・コストに応じて柔軟にストレージとプロトコルを選定いただけます。
  4. High Availability: 開発環境でテストを実施するスタッフが100名を超える規模になると、企業はテスト環境と仮想DB(クローン)に高い信頼性を求めます。仮想DB の停止やプロビジョニングの遅れは アプリケーションのリリース遅延に直結します。 この領域で競合他社は高可用性クラスタを提供していません。 Actifio においては、高可用性2クラスタハードウェアをオプションとして選択いただけます。いずれかのノードで障害を検知した際には速やかに系切り替えを行い、サービスの停止を回避します。
  5. Total Cost of Ownership: High vs Low: Actifio Skyソフトウェアと比較して、他社のソリューションは、非常に多くのコンピューティングリソース(CPUコア)とメモリ容量が必要となります。 他社と異なり、Actifioは、複数のデータセンターまたはパブリッククラウドで実行されている1つ以上のActifioソフトウェアインスタンスを管理するグローバルマネージャーを提供しています。 Actifio ソリューションのライセンスは、エンタープライズ品質のバックアップ、DR、データ長期保存、データ隔地保管など、さまざまな目的で共有いただけます。 シンプルなソフトウェアライセンス体系、大量データに対応したスケーラビリティと拡張性、多数の Actifio アプライアンスを統合管理するグローバルマネジャにより、より低いコストでデータ管理全般の統合を実現することができます。

Actifio は、他にもたくさんの特徴を備えています。 For more details, download this Actifio DevOps tool competitive comparison.

None of these vendors have test data management where they can enable users to provision dozens of database clones with high scale and performance, with automated data masking, and provide flexibility to users to pick and choose any storage, any cloud.

Yes, Actifio leverages native Block Change Tracking (BCT) technology to capture just the changed blocks in its incremental forever data ingestion. After the first backup, which is an Image Copy, Actifio does an incremental backup and incremental merge.

Thus, if 5% of a 10 TB production database changes, only 500 GB of data will be ingested by Actifio. When testers have to refresh, they just unmount their database clones and provision clones again in just minutes.

はい。 SLAs be set in such a way that transaction/archive logs can be copied to Actifio Sky instance every X minutes or hours in between the incremental data ingestion. For example, a user can setup incremental data ingestion every 1 hour and log copies every 15 minutes.

While provisioning virtual database clones, a user can specify any point-in-time. Actifio automatically identifies the nearest incremental point-in-time, mounts a synthetic virtual full copy instantly as of that point-in-time, and applies the transaction/archive logs to recover the database to the specified point-in-time. All of this is fully automated.

Actifio stores the database backups in native format. This ensures that after instant mount and provisioning a database clone, there is no performance overhead because of format conversion.

The other factor to consider is the storage on which the database backups are stored by Actifio.

Depending on the performance requirements, enterprises can specify the right storage tier to use with Actifio.

And lastly, Actifio also offers the flexibility to instantly mount and provision database clones over fiber channel or iSCSI or NFS depending upon the user preference.

Thus the performance can be as good as the underlying storage and the protocol the user wants to use.

はい。 2つの方法で実現できます。

プライマリデータベースのバックアップに Commvault / Netbackup を活用し、Actifioは スタンバイデータベースからデータを取り込むことができます。

一方、1つのデータベースに対して、バップアップ(Commvault / Netbackup) と、Actifio によるテストデータ管理の共存が必要な場合においても、Actifio は、永久ブロック差分取り込みでデータベースの変更差分を効率よく取得することで、既存の仕組みへの影響を最小限に抑えて運用できます。 ただし、アーカイブ/トランザクションログのバックアップを管理できるのは1つの製品のみです。

はい。 In fact, almost all the customers who use Actifio for DevOps & Test Data Management replace their other backup product with Actifio either on day one or over time. This helps them not only reduce their overall costs, but also simplifies operations with a single platform for backup, recovery, test data management i.e. Copy Data Management for databases.