Close

ACTIFIO DATA-DRIVEN SOLUTION

セキュリティ、コンプライアンス、コピーデータ管理


概要

セキュアで一元管理された環境下での本番データ(コピー)への即時アクセスにより、継続的なセキュリティテストを実現します。

サイバーレジリエンシーは、企業の規模に関わらず重要な課題です。 ランサムウェアの脅威が迫っています。米国政府は、毎日4,000件の攻撃が発生していると推定しています。データは急速に増加・拡散しているにもかかわらず、データの管理手法はこれまでと大きくは変わりません。CIO、CISO、さらには CEO は、データとブランドを保護するために大きな重圧を感じています。

Tip Sheet: 9 Ways to Stop Malware Infection

「Actifioソリューションにより、回復までの時間が劇的に短縮されました。 また、バックアップ/ DR、DevOps、コンプライアンスを強化しながら、運用管理の工数を削減できました。 以前のソリューションはとても古く、要件を満たさなかったので、実際のコスト削減効果を計算するのが困難なほどでした。」

Keith Conger – Systems Administrator

課題

企業はコンプライアンス要件を満たすのに苦労しています。

Actifio がお手伝いします

Actifioのソフトウェアプラットフォームは、セキュリティとコンプライアンスを確保するために、特許取得済みの機能を多数提供しています。

Security

データが削除されることを防ぐための改ざん防止機能。

不正なユーザーからのアクセスやランサムウェアから保護することで、設定した保存期間を過ぎる前にデータの削除や消失が起こることを防ぎ、データの整合性を確保します。

Recovery

エアギャップ技術

低コストでエアギャップ戦略を実現することで、予期しない攻撃からデータを保護し、即座に回復し、Appendix J や Sheltered Harbor などの規制への準拠を可能にします。

ObjectStorage

オブジェクトストレージを活用し、低コストでのデータ保存を実現する。

パワフルな、オブジェクトストレージへのインスタントデータアクセス機能によって、経済性に優れた運用が可能になります。

Immutability-Security

改ざん防止/不変ストレージ

機能強化されたソフトウェアアプライアンスは、外部からのアクセスを制限し、高度な暗号化技術を使用してデータの整合性を確保し、シェルタード・ハーバーやGDPRなどのポリシーへの準拠を可能にします。

Time

即座にロールバックして迅速にリカバリ

データの保存期間や種類に関係なく、以前の状態に即座にロールバックし、迅速にリカバリします。

VirtualMachine

テスト環境の即時作成

大規模なセキュリティテストと検証を可能にするために、数十のVMを一貫性を保ちながら即座に確実に起動します。

Process

並列リカバリ

サイバーアタックが発生したときに、数十、数百、さらには数千のサーバーを並行して回復することで、オフライン時間を最小限に抑えます。

Access

一貫したセキュリティポリシー

単一のバックアップコピーを使用して、開発/テストおよびUAT環境にクローンをプロビジョニングすることで、攻撃対象を最小限に抑えることが可能となり、すべてのデータで一貫したセキュリティとアクセス制御を維持できます。

Selfservice

規制に定められた期間内、貴重なデータを確実に保持します。

データ保持ポリシーを設定することによって、データを期間内確実に保持し、有効期限が切れる前に削除できないようにします。

DataMasking

データマスキングや不要レコードの削除を自動化する統合ワークフロー機能

ワークフロー機能によって、サードパーティのマスキングツールの制御や、スクリプトによる一部レコードの削除など、コピーデータに対する処理を一貫性を持って制御することができます。

当社の実績のあるソリューションと経験を認めていただきました

Webinar Replay: How Ransomware & Malware Attacks are Sophisticated and Evolving.

よくある質問

Actifioの料金モデルは非常にシンプルで、わかりやすいものです。 Actifio のライセンス価格はとてもシンプルです。管理対象となるソースデータの容量に基づいています。 お客様がActifioを活用して、容量10 TBのデータベースのクローンを 20個作成して開発・テストに利用する場合、もとのデータベースの容量 10 TB に対して Actifio ライセンスが必要になります。 お客様は必要な数だけクローンを作成でき、任意の時点のバックアップイメージを活用(クローン)することができます。 Enterprises can also use this license anywhere in the public cloud or on-premises.

Actifio VDP(仮想データ・パイプライン: Virtual Data Pipeline) は、下記のActifio アプライアンスに搭載されている、特許取得済みのデータ仮想化のための基盤テクノロジーの名称です。

Actifio Skyは、Actifio VDPエンジンを実行する仮想アプライアンスであり、パブリッククラウド上のVMとして、または、VMware/Hyper-V 上のVM として稼働します。

Actifio CDS / CDXは、Actifio VDPエンジンを実行する物理アプライアンスで、クラスタ構成によって高可用性を実現しています。汎用の SAN ストレージと組み合わせて利用します。

はい。 Actifioは、Azure、AWS、Google、IBM、Oracleなど、すべての主要なパブリッククラウドプロバイダーをサポートしています。 また、主要なパブリッククラウドのマーケットプレイスからも入手可能です。