Close
「VMのバックアップデータをマウントして、すぐにそこからファイルを取り出せるのは、素晴らしいことです。 Actifio の操作は極めて簡単なのに、劇的に時間を節約できます。」

NIC RICHARDS – GLOBAL IT MANAGER

VMware データ管理の革新.


概要

企業は、VMware VM の迅速なバックアップと高速リカバリにActifioソフトウェアを使用しています。

Actifio Sky で VMware VMをパブリッククラウドに直接バックアップ。 バックアップ時間を短縮して、リカバリを迅速化。オンプレミスのストレージ容量を劇的に削減します。

Actifioは、VMware VM を、パブリッククラウドのオブジェクトストレージに直接バックアップし、そこからの即時リカバリも可能にしました。オンプレミスのストレージ容量を減らし、インフラコストを削減します。

課題

旧来型のバックアップツールを使い続ける企業は、複数のデータ管理の課題に直面しています :

「データストアが破損したり、VMが利用できなくなったりすると、すぐにActifio でリカバリすることが習慣になっています。 これまで考えていたリカバリ手順は不要です。 私たちのチームに、ポジティブな考え方の変化が起こりました。」

Matt Hoskins – CIO

Actifio がお手伝いします

Actifioは、VMware VADP API を介して、もしくは、Actifio コネクタソフトウェアと変更ブロックトラッキングを活用して、永久ブロック差分方式で、効率よく短時間でバックアップします。

CloudObjectStorage

VMware VMは、オンプレミスのストレージを使ってバックアップすることなく、直接クラウドオブジェクトストレージにバックアップできます。 オンプレのストレージを消費しません。

SLAs

バックアップポリシー(SLA)の定義に応じて、クラウドオブジェクトストレージのバックアップを数日間から数十年間保持できます。

DataProtectionZeroRTO

Actifioのインスタントマウントを使用すると、リカバリ時間を短縮することができ、クラウドオブジェクトストレージからオンプレミスのVMware環境に直接リカバリすることも可能です。

Cloud

Actifioを使用すると、企業はオンプレミスまたは任意のパブリッククラウドでDR処理を自動化できます。数千のVMware VMの DRオーケストレーションを、ワンクリックで実現します。

当社の実績のあるソリューションと経験を認めていただきました


Media


「オンプレミスとクラウドの双方で Actifio の機能を幅広く活用することによって、ストレージ容量を大幅に削減し、これまで利用していた複数の単機能製品を排除することができました。」

Gartner Peer Insight Customer Review – Global Consulting Company


「Actifioは、最新のデータセンターとクラウド環境をターゲットとしています。 彼らは明らかに他社より一歩先にいます。」

Gartner Peer Insight Customer Review – Large US University


よくある質問

Actifio は、VMware ESXi バージョン4.0以降に対応しており、これらの ESXi 上で稼働しているすべての VM をエージェントレスでバックアップします。

Actifioの料金モデルは非常にシンプルで、わかりやすいものです。 保護対象となるソースデータの容量に基づいています。 例えば、それぞれのサイズ(容量)が 300GBのVM 10 個を保護する場合、合計容量の 3 TBの保護対象データ(VM) に対応する Actifioライセンスが必要になります。 お客様はこのライセンスを、パブリッククラウド、オンプレミスにかかわらず柔軟に活用することができます。

Actifio VDP(仮想データ・パイプライン: Virtual Data Pipeline) は、下記のActifio アプライアンスに搭載されている、特許取得済みのデータ仮想化のための基盤テクノロジーの名称です。

Actifio Skyは、Actifio VDPエンジンを実行する仮想アプライアンスであり、パブリッククラウド上のVMとして、または、VMware/Hyper-V 上のVM として稼働します。

Actifio CDS / CDXは、Actifio VDPエンジンを実行する物理アプライアンスで、クラスタ構成によって高可用性を実現しています。汎用の SAN ストレージと組み合わせて利用します。

はい。 Actifio supports all major public cloud providers including Azure, Oracle, AWS, IBM, and Google. It’s also available in the leading public cloud marketplaces.

Following are the key comparisons:

  1. Full vs Incremental forever backup for VMware VMs: Legacy vendors perform recurring full backups while Actifio performs incremental forever backups. Legacy vendors integrating with native VADP APIs for incremental forever backup struggle with the problem of VM Stun with VMware VMs with databases.
  2. Large vs Instant recovery time: RTO with legacy vendors is large because of restoring from their proprietary backup format. Compare this with Actifio’s instant recovery where it can recover even a 50+ TB VMware VM in just minutes.
  3. Scalable Instant Recovery: Legacy vendors perform instant recovery of VMware VMs out of deduplicated storage which limits performance post recovery. Actifio uses native format for backup and scales very well post recovery.
  4. No instant access from Object Storage in cloud: Legacy vendors can backup VMware to object storage in the cloud, but cannot provide instant access from object storage during restore. This causes large access time and uncertainty during restores and may lead to compliance failures.

Following are the key comparisons:

  1. Low vs High Performance post instant recovery: While mounting backups from deduplication appliances might be instant, the deduplication format on commodity storage impacts the IO performance significantly. Compare this with Actifio which stores backups in its native VMware format on any storage tier, thus delivering the raw native performance of the underlying storage.
  2. VMware backups direct to Object storage: For a lot of customers, protecting smaller/branch offices can be a challenge especially since smaller sites typically have limited IT expertise and footprint. These customers want the ability to protect and retain remote data while minimizing cost and management complexity. Deduplication appliance vendors cannot backup VMware VMs directly to cloud object storage and they require much more substantial compute, memory and storage footprint on prem. Actifio on the other hand, can directly write protected VM images directly to object storage to minimize on prem resource requirement.
  3. One Click DR orchestration for VMware VMs: Large scale disaster recoveries require that IT practitioners provision tens, hundreds or even thousands of virtual machines in a specific order to ensure all applications come online correctly. This is a very complex process and as a result many DR tests fail and many companies have low confidence in their ability to recovery. Deduplication appliance vendors don’t offer one click DR orchestration for VMware VMs and so all DR recoveries are manual. Actifio on the other hand can deliver highly reliable and automated DR activities that can massively simplify the DR testing process.
  4. None vs High flexibility for storage and storage protocols: With deduplication appliance vendors users are locked into whatever storage the vendor’s supply. Deduplication vendors typically only support NFS for back up and mount. Compare this with Actifio which allows users to specify any storage vendor with the right performance metrics, thus eliminating storage vendor lock-in. Moreover, users have complete flexibility to backup, mount, and recover over Fibre Channel, iSCSI, and NFS protocols.
  5. High vs Low Cloud TCO: The scaleout deduplication appliance vendors support very few public cloud providers. They also need a very large amount of compute to protect cloud resident workloads with a minimum of 3-4 node clusters, thus driving up 24×7 cloud costs. Compare this with Actifio which needs very small compute to protect cloud resident workloads, leverages cloud block and/or object storage and even delivers instant recovery from cloud object storage.

Yes, Actifio leverages VADP APIs to perform application consistent incremental forever backups. After incremental backup, it synthesizes a point-in-time virtual full backup by manipulating its metadata.

For more details on how Actifio works for VMware VMs, check out this solution brief.

Actifio stores the VMware backups in native VMware format. This ensures that, after instant mount and recovery, there is no performance overhead because of format conversion.

The other factor to consider is the storage on which the VMware backups are stored by Actifio.

Depending on the performance requirements after instant recovery or provisioning database clones to test/dev users, enterprises can specify the right storage tier to use with Actifio.

And lastly, Actifio also offers the flexibility to instantly mount and recover over Fibre Channel or iSCSI or NFS depending upon the user preference.

Thus the performance can be as good as the underlying storage and the protocol the user wants to use.