Close

Hyper-V におけるデータ保護の刷新


概要

多くの企業は、Hyper-V VM の迅速なバックアップと即時リカバリを Actifio で実現しています。

Actifioは、Hyper-V VMとアプリケーションデータのオンプレミス、パブリッククラウド、またはAzure Stackでのデータ保護とリストアのための包括的なソリューションを提供します。

Actifioソフトウェアは、Hyper-V VMの大規模環境で即時リカバリを実現し、ダウンタイムを最小限に抑え、災害復旧を自動化します。

課題

旧来型のバックアップツールを使用している企業は、データ管理における幾つかの課題に直面しています。

Actifio がお手伝いします

非常に効率的な増分バックアップと即時リカバリを、VMのサイズに関係なく数分で実現します。

DataProtectionZeroRPO

Actifio Change Block Tracking(CBT)テクノロジーを活用した永久ブロック差分方式によって、効率良い短時間のバックアップを実現することで、バックアップサイクルを短縮します。

InstantMount

お客様は、バックアップをクラウドオブジェクトストレージに、数日間から数十年間、ニーズに応じて保持期間を設定できます。 Actifio の高速なリカバリは、クラウドオブジェクトストレージからオンプレミスのHyper-V環境に直接マウント、リカバリすることによって実現しています。

Cloud

お客様は、災害が発生後にクラウド上にオンデマンドでActifio Skyをプロビジョニングし、その Actifio Sky を活用してクラウド上のリソースを使ってアプリケーション復旧できます。


Media


「オンプレミスとクラウドの双方で Actifio の機能を幅広く活用することによって、ストレージ容量を大幅に削減し、これまで利用していた複数の目的別のソリューションを排除することができました。」

Gartner Peer Insight Customer Review – Global Consulting Company


Actifioは、企業が競争を勝ち抜くために、真の「データ主導型企業」になるためのお手伝いをします。

よくある質問

Actifioの料金モデルは非常にシンプルで、わかりやすいものです。 Actifio のライセンス価格はとてもシンプルです。管理対象となるソースデータの容量に基づいています。 例えば、それぞれのサイズ(容量)が 300GBのVM 10 個を保護する場合、合計容量の 3 TBの保護対象データ(VM) に対応する Actifioライセンスが必要になります。 お客様はこのライセンスを、パブリッククラウド、オンプレミスにかかわらず柔軟に活用することができます。

For more details, refer to this licensing page.

Actifio VDP(仮想データ・パイプライン: Virtual Data Pipeline) は、下記のActifio アプライアンスに搭載されている、特許取得済みのデータ仮想化のための基盤テクノロジーの名称です。

Actifio Skyは、Actifio VDPエンジンが稼働する仮想アプライアンスです。パブリッククラウドまたはオンプレミス環境で稼働します。

Actifio CDS / CDXは、Actifio VDPエンジンを実行する物理アプライアンスで、クラスタ構成によって高可用性を実現しています。汎用の SAN ストレージと組み合わせて利用します。

はい。 Actifio は、Azure, AWS, Google, IBM, Oracle などの主要クラウドに対応(サポート)しています。 また、主要なパブリッククラウドのマーケットプレイスからも入手可能です。

Following are the key comparisons:

  1. Full vs Incremental forever backup for Hyper-V VMs: Legacy vendors need to perform recurring full backups while Actifio performs incremental forever backups.
  2. Large vs Instant recovery time: RTO with legacy vendors is large because of restoring from their proprietary backup format. Compare this with Actifio’s instant recovery where it can recover even a 50+ TB Hyper-V VM in just minutes.
  3. Scalable Instant Recovery: Legacy vendors perform instant recovery of Hyper-V VMs out of deduplicated storage which limits performance post recovery. Actifio uses native format for backup and scales very well post recovery.

Following are the key comparisons:

  1. Low vs High Performance post instant recovery: While mounting backups from deduplication appliances might be instant, the deduplication format on commodity storage impacts the IO performance significantly. Compare this with Actifio which stores backups in its native Hyper-V format on any storage tier, thus delivering the raw native performance of the underlying storage.
  2. None vs High flexibility for storage and storage protocols: With deduplication appliance vendors users are locked into whatever storage the vendor’s supply. Typically, deduplication appliances only offer NFS for backup and mount. Compare this with Actifio which allows users to specify any storage vendor with the right performance metrics, thus eliminating storage vendor lock-in. Moreover, users have complete flexibility to backup, mount, and recover over Fibre Channel, iSCSI, and NFS protocols.
  3. High vs Low Cloud TCO: The scaleout deduplication appliance vendors support very few public cloud providers. They also need a very large amount of compute to protect cloud resident workloads with a minimum of 3-4 node clusters, thus driving up 24×7 cloud costs. Compare this with Actifio which needs very small compute to protect cloud resident workloads, leverages cloud block and/or object storage and even delivers instant recovery from cloud object storage.

Actifio stores the Hyper-V backups in native Hyper-V format. This ensures that, after instant mount and recovery, there is no performance overhead because of format conversion.

The other factor to consider is the storage on which the Hyper-V backups are stored by Actifio.

Depending on the performance requirements after instant recovery or provisioning database clones to test/dev users, enterprises can specify the right storage tier to use with Actifio.

And lastly, Actifio also offers the flexibility to instantly mount and recover over Fibre Channel or iSCSI or NFS depending upon the user preference.

Thus the performance can be as good as the underlying storage and the protocol the user wants to use.