Close
「Actifioを使用してバックアップデータを Google Cloud に保存することは、最初のステップにすぎません。 これによって、クラウド内での DR 構築に近づくことができました。 それは次のステップです。」

KEITH CONGER – SYSTEMS ADMINISTRATOR

Google Cloud を活用したバックアップ/DR


Google Cloudでのクラウドバックアップ、ディザスタリカバリ、移行、データベースのクローン作成

概要

Actifioは、クラウドおよびオンプレミスのVMとデータベースのバックアップ、リカバリ、クローン作成、分析のための統合プラットフォームを提供し、迅速なリカバリとコスト削減をお約束します。

企業はActifioを使用して、データセンターや他のパブリッククラウドから、Google Cloud にデータをバックアップします。

すべてのワークロードを一つのソリューションで管理することによって、オンプレミスとクラウド上のワークロードの同時に保護し、ワンクリックのDRオーケストレーションを実現して、リカバリ時間目標(RTO)を短縮し、運用負荷を低減することができます。

さらに、取得したバックアップデータを再利用して、Google Cloud でのテスト/開発/分析用のデータベースクローンを素早くプロビジョニングします。

ホワイトペーパーを入手する:Google Cloudでのエンタープライズバックアップとリカバリ (英文)

課題

Profit

高価な重複除外アプライアンス

多くの企業は、高価でリカバリに時間のかかる、旧来型の重複除外バックアップアプライアンスに悩まされています。

RTORT

長いリカバリ時間

一部の企業は、Google Nearline または Coldline(NL / CL)へのバックアップを始めています。 ただし、Google NL / CLに保存されている重複排除バックアップからの復旧には長時間を要し、リカバリまでに数日を要することがあります。

Cost

Google Cloud Parsistent Disk の高いストレージコスト

上記の課題を克服するために、一部のソリューションでは、Google NL / CLから Google Cloud Persistent Disk ボリュームまで、バックアップのたびに書き出しています。 バックアップ・リカバリのために Parsistent Disk を常時使っていると、Google Nearline や Google Coldline を利用している場合の 10倍にまでコストが跳ね上がることがあります。

Process-Alt

DR オーケストレーションへの対応

ほとんどの企業では、災害時に、VM、物理サーバー、データベースなどを、ワンクリックで復旧するDRオーケストレーションの仕組みを持っておらず、仕組みづくりと運用に多くの労力を割いています。

Actifio がお手伝いします

データベース、VM、物理サーバーなどの多層アプリケーションをGoogle Cloudにバックアップ、リカバリ、クローン作成するために必要な時間は、わずか数分です。

Cloud-x

オンプレのストレージを消費しない、クラウドバックアップ

Actifio OnVault を使用して、オンプレミスにバックアップ用のストレージを持たずに、直接 Google Nearline にVMwareVMをバックアップすることで、ストレージコストを大幅に削減します。 もちろん、オンプレミスにローカルコピーを置いておくこともできます。

CloudObjectStorage

クラウドのコスト削減

データベース、物理サーバー、VMware、Hyper-V、を含むすべてのオンプレミスワークロードに対して、Google NL / CLにバックアップし、クラウドインフラストラクチャのコストを削減します。

DataProtectionZeroRPO

短いサイクルでのバックアップ

Google NL / CL へのアプリケーション整合性のある永久増分バックアップで、すべてのワークロードを保護します。

DataProtectionZeroRTO

迅速なリカバリ

Actifio CloudMobilityを使用すると、Google Persistent Disk ボリュームに復元しなくても、Google NL / CLから直接 Google Cloud Compute Engine(CE)VMとして即座にマウントおよびリカバリできます。 これにより、リカバリ時間の短縮とコスト削減を同時に実現します。

Speed

高い I/O 性能

Actifio のインテリジェントI / Oキャッシングを使用してGoogleNL / CLから瞬時にマウントおよびリカバリした後でも、Google Cloud Local SSD のパフォーマンスを活かすことができます。

Selfservice

1 クリックで DRオーケストレーション

Actifio Resiliency Directorを使用して、データベース、VM、物理サーバーをGoogle Cloud Compute Engine VMインスタンスとして自動リカバリする DR シナリオを作成・実行できます。 これにより、DRおよびDRテストの運用上の負担がなくなります。

Snapshot

クラウドのスナップショット管理

Google Persistent Disk スナップショットを使用して、Google Cloud 上で稼働するワークロードを保護します。 取得した Google Persistent Disk スナップショットは、カタログ化され、大容量であっても任意のリージョンで Google CE VM インスタンスとしてリカバリします。

VirtualDatabaseClone

テスト/開発/分析 の加速

Google NL / CLに保存したバックアップを再利用して、追加のGoogle Persistent Disk を消費することなく、テスト / 開発 / 分析用にGoogle CE VM インスタンスに、迅速なデータベースクローンをプロビジョニングします。

当社の実績のあるソリューションと経験を認めていただきました


Media


Cloud Webinar: Protecting Workloads in Google Cloud Platform.

よくある質問

はい。 Actifioは、物理ホストをGCPにバックアップできます。 また、WindowsまたはLinuxの物理サーバー全体を、GoogleVMとしてリカバリすることもできます。 また、Actifiioは、クラウド上で非システムボリュームとデータベースのインスタントマウントとリカバリにも対応しているため、クラウド上での即時リカバリが実現できます。

はい。 Actifioは、Google Nearline または Google Coldline、およびGoogle Persistent DIsk からの即時リカバリを実行できます。

オンプレミス から GCP にレプリケーションする方法は2つあります。

ミッションクリティカルなワークロードの場合、オンプレミスのActifioSky から、Google Cloud 上の VM として稼働する ActifioSky にレプリケーションします。

Tier2 および Tier3 の VM については、オンプレミスの VMware VM を Google Nearline または Google Coldline ストレージに直接バックアップできるため、オンプレミスのバックアップ用ストレージを必要としません。

はい。

Actifio performs incremental forever backups of SQL using its own proprietary change block tracking technology and leverages VSS snapshots for database consistency. Yet, each point-in-time incremental backup results in a full virtual copy, i.e., no extra storage is consumed for the virtual full copy, and you can recover a full database without having to apply incremental data to full backups.

Actifio Sky then mounts the point-in-time backup image (which is in native SQL format and not a traditional dump) to the recovery server over iSCSI and recovers the database in minutes. Based on the specified point in time, it automatically replays any transaction logs that are needed.

Actifio does not use the BackInt database dumps, and instead relies upon the SAP HANA native snapshot API (‘HDBSQL’ calls to create a global savepoint for application-consistent backup). Actifio は、永久ブロック差分バックアップを行います。 Yet, each point-in-time incremental backup is synthesized to be a full virtual copy, i.e., no extra storage is consumed for the virtual full copy, and you can recover a full database without having to apply all incremental backups.

Actifio Sky mounts the point-in-time backup image (which is in native HANA Data format and not a traditional dump) to the recovery server over Fibre Channel/iSCSI/NFS and recovers the database (using HANA API ‘recoverSys.py’) in minutes.

Information that is protected by Actifio Sky in Google Persistent Disk for backups can also be leveraged to provision multiple virtual database clones for Dev, QA, UAT, Analytics or other test environments. Sky also enables developer self-service to simplify and accelerate the provisioning of virtual database clones.

Re-writable virtual clones are space efficient and do not use any extra storage. Incremental disk capacity is only consumed when the database is changed as part of the testing process.

Other backup products typically take hours or days to create physical clones with 10x or more storage required in test environments.

はい。 DBAs/administrators can use Google Cloud Coldline/Nearline object storage for long-term data retention. Actifio can replicate backups in an incremental forever manner to a cloud object storage such as Google Cloud Nearline/Coldline object Storage.