Close
「Actifioを使用して、10個の主要なアプリケーションをプロビジョニングし、関連する全てのデータベースのコピーをを準備するのにかかる時間を短縮しました。 開発・テストチームは、これまで 7日待たされていましたが、今では 3日で引き渡されます。 近いうちに、ワークフローによる自動化と新規にスクリプトを導入することで、この処理時間は1日に短縮される見込みです。 Actifioは、より少ないストレージとより少ないステップで、はるかに短い時間ですべてを実現します。」

データベース管理者

SAP のデータ管理


概要

SAPは、Oracle、SQL、ASE(以前のSybase)、DB2などの従来のデータベースで動作します。 現在、より多くの企業がインメモリ型の SAP/HANAデータベースでSAPを稼働させるようにシフトしています。

どのデータベースを採用しているかに関わらず、企業は、バックアップ、遠隔地保管、災害対策、テスト/開発、分析、トレーニング、セキュリティパッチテストなど、異なる目的のために多数のデータベースのコピーを作成します。

Actifioソフトウェアは、SAPデータベース向けのスケーラブルなエンタープライズ品質のコピーデータ管理(CDM)ソリューションを提供します。

利用者は、任意のパブリッククラウド、または、オンプレミスでデータベースのコピーを効率的かつ安全に管理できます。

適用分野

新たな SAP HANA のデータ管理手法

Immutability
SAP のバックアップとリカバリ

Actifioは、ミッションクリティカルなSAP環境で、エンタープライズ品質のバックアップとディザスタリカバリを可能にします。

さらに詳しく ->

DevOps
SAP のテストデータ管理

Actifio の SAPテストデータ管理によって、アプリケーションのテストとリリースのサイクルを加速します。 マルチテラバイトの SAPデータベースの迅速なクローン作成は、効率的かつ高速で、柔軟なテスト環境を実現します。

さらに詳しく ->

Actifio がお手伝いします

Actifio のコピーデータ管理(CDM : Copy Data Management)は、マルチTBのミッションクリティカルなデータベースの即時リカバリを実現することにより、ビジネスのリスクを軽減します。

VirtualDatabaseClone

コピーデータ管理(CDM) はバックアップデータを活用して、DevOps向けに機密データを自動的にデータマスキングし、ストレージ消費を最小限に抑えながらデータベースのクローンをプロビジョニングします。 これは、企業がアプリケーションのテストとリリースのサイクルを加速するのに役立ちます。

Cloud

コピーデータ管理 (CDM)ソフトウェアは、任意のパブリッククラウド、またはオンプレミスで利用できます。 パブリッククラウドの種類に縛られることはありません。

Profit

Actifio を使用すると、企業はひとつのソフトウェアソリューションで、すべてのデータベースコピーの作成、管理、削除を自動化することができるので、インフラ全体のコストを削減することができます。

当社の実績のあるソリューションと経験を認めていただきました


Media


よくある質問

SAP は一般にERPアプリケーションと呼ばれ、これまで Oracle、DB2、SQLなどのデータベースと共に利用されてきました。 SAP HANAは、SAPアプリケーションを実行するために設計されたSAP社の新しいインメモリ・データベースです。 SAP HANAはデータベースをメモリ上に展開するため、パフォーマンスが大幅に向上します。これは一般に、ディスク上でデータを更新する Oracle、DB2、SQLなどのデータベースよりも高速です。

ほとんどの企業は、本番データベースのコピーを複数作成しています。

データベース管理者はバックアップデータをディスクに保存します。

バックアップ管理者は、これらのダンプをバックアップストレージにバックアップし、長期保存やDRの目的でリモートサイトにコピーします。

テスト/開発、DevOps、分析、セキュリティ、UATの担当者は、テストのために本番データベースのコピーが必要です。

上記の、目的別に作成された多数のコピーは、コピーデータの爆発的な増加を引き起こし、インフラストラクチャのコストと運用負荷の増大を引き起こします。 これらのデータベースのコピーを管理を自動化する仕組みがないため、データのプロビジョニングには何週間もかかり、アプリケーションのテストとリリースのサイクルが長くなります。

Actifioの仮想データパイプライン(VDP)ソフトウェアプラットフォームで実現するコピーデータ管理(CDM)ソリューションは、このコピーデータの問題を解決します。

Actifioの料金モデルは非常にシンプルで、わかりやすいものです。 Actifio のライセンス価格はとてもシンプルです。管理対象となるソースデータの容量に基づいています。 例えば、企業がActifioを使用して5つのデータベースインスタンスを保護する際、それぞれが10 TBのソースデータベースサイズである場合、企業が購入する Actifio のライセンスは 合計50TB 必要となります。 企業は、このライセンスをプライベートクラウド、パブリッククラウド、もしくは、オンプレミスのいずれでも使用できます。

For more details, refer to this licensing page.

Actifio VDP(仮想データ・パイプライン: Virtual Data Pipeline) は、下記のActifio アプライアンスに搭載されている、特許取得済みのデータ仮想化のための基盤テクノロジーの名称です。

Actifio Skyは、Actifio VDPエンジンを実行する仮想アプライアンスであり、パブリッククラウド上のVMとして、または、VMware/Hyper-V 上のVM として稼働します。

Actifio CDS / CDXは、Actifio VDPエンジンを実行する物理アプライアンスで、クラスタ構成によって高可用性を実現しています。汎用の SAN ストレージと組み合わせて利用します。

Actifio supports all major databases, including Oracle, SQL, SAP HANA, DB2, ASE (formerly Sybase), and MaxDB.

はい。 Actifioは、AWS、Azure、Google、IBM、Oracleを含むすべての主要なパブリッククラウドをサポートしています。 主要なパブリッククラウドのマーケットプレイスからも導入できます。

はい。 Please refer to this page for details.

はい。 Please refer to this page for details.